株式会社TFA コーポレーションロゴ コンペ 

募集要項

 

1 コンペの概要

  • 名称
  • 株式会社TFAコーポレーションロゴコンペ
    (以下「本コンペ」と称します)

  • 趣旨
  • 株式会社久留米科学機器、株式会社イケダ科学は2021年4月1日にホールディングス会社を「株式会社TFA」(ティーファと呼称)を設立します。
    設立するにあたり、「株式会社TFA」を広くアピールするためのコーポレーションロゴを募集いたします。

  • 主催
  • 株式会社TFA

  • 株式会社TFAのコンセプト
  • 技術力で持続可能性・生産性を向上させ付加価値の高い顧客サービスを提供する
    ことを目的に、ホールティングスの形式で設立しています。
    Technical Force Alliance(技術力による同盟)の頭文字を取りTFAです。

    ・「技術力」は、以下の3分野での適用を目論んでいます。
    1.技術営業の推進(知識集約・研修・継承)
    2.IT化による生産性向上
    3.分析支援等の新規サービス開発

    ・TFAはtrifluoroamine(トリフルオロアミン 三フッ化窒素)の略称でもあります。
    1つの窒素、3つのフッ素の4つの原子で構成される分子です。
    今回のホールディングス化プロジェクトは当初より4名で熟慮を重ねてまいりました。
    この思いも含めての4原子です。


    2  募集内容

  • 概要
  • 本コンペにおいては、株式会社TFAの具体的な企業イメージとなるコーポレーションロゴを提案していただきます。

  • 賞金
  • ・最優秀賞(1名) 金10万
    ・優秀賞(2名) 

  • 応募要項
  • 応募者の資格制限はありません
    応募点数の制限はありませんが、1応募につき1点までとします。
    ・日本語を使用できる方に限ります

  • 作品提出要項
  • シグネイチャー
    色指定(CMYK)
    AIデータ(Adobe Illustrator)アウトライン化したものでお願いします。
    (注意事項)
    ・自作未発表のもの(完全オリジナル)に限ります。
    ・使用するフォントに関しては、ライセンスに注意してください。
    ※商用利用可能・加工が可能・使用料等のライセンスが発生しない事
    ・色数、グラデーションの制限はありません。
    ・縮小あるいは白黒での使用もあり得ます。その場合にもデザインが大幅に損なわれないように考慮してください。
    ・文字のみ、図のみ、文字と図の組み合わせなど、デザインは問いません。
    (シンボル又はマークとロゴの組み合わせ、ロゴ、シンボルロゴ、ピクチャーロゴ
    抽像ロゴ等)

  • 応募方法
  • ・メールにて応募してください。
    メールに【氏名】【デザインコンセプト】を記載の上、応募作品をPDF化し添付ください。

  • 応募先:  compe@i-on.tokyo
  • 締切
  • ・2021年4月30日 
    メール送信のタイムスタンプで判断いたします。

  • 審査員
  • ・株式会社イケダ科学 代表取締役 池田俊二
    ・株式会社i-on 代表取締役 細井菜穂子
    ・株式会社久留米科学機器 代表取締役 高着泰則

  • 発表
  • ・2021年5月10日
    ・応募者全員に対してメールにて発表いたします。

  • 最終提出物(最優秀者のみ)
  • シグネイチャー
    色指定(CMYK)
    AIデータ(Adobe Illustrator)アウトライン化したもの。
    上記のものを発表メール受信後3日以内に提出しなければならない。

  • 問い合わせ先  compe@i-on.tokyo
  • 応募上の留意事項
  • (1)著作権や第三者の権利等を侵害していたことが判明した場合は、 決定後であっても採用は無効となります。
    (2)最優秀賞作品の著作権、使用権に関するすべての権利は、株式会TFAに帰属し、当法人のロゴマークとして使用します。
    (3) 上記(2)以外の応募作品の著作権は、それぞれ応募者に帰属します。
    (4) 作品は、モノクロ、単色など色を変えて使用する場合があります。
    また、若干のデザイン修正をお願いする場合もあります。
    (5) 応募に係る費用は、応募者の負担となります。
    (6) 応募作品は返却いたしません。
    (7) 応募者の個人情報は、選考で必要な範囲でのみ使用し、
    それ以外には一切使用又は公表することはありません。
    (8) この留意事項に記載がない事項については、当法人の判断により決定します。